たまちいき Share

vol.10 公園遊びとガンダム撮影をして 旬の味覚を楽しもう♪

 
...
連載一覧を見る
 

今回のおでかけエリアは稲城市。稲城といえば、江戸時代から栽培が続く、都内最大の梨の産地。8月中旬頃から、市内の至る所で梨の収穫と発送が行われています。そんな風景を眺めつつ、丁寧に生み出されたおいしいごはん処へ立ち寄ったり、公園で遊んだりして、稲城の魅力を味わうおでかけを楽しんでみませんか。map-inagi.jpg

10:00〜10:30
稲城長沼駅のガンダムモニュメント〜撮影する〜

inagi-gundam-01.jpg

©創通・サンライズ

JR南武線「稲城長沼」駅を降りると目に飛び込んでくるのが、ロボットアニメ『機動戦士ガンダム』に登場したガンダムとシャア専用のザク。こちらは実物の1/5サイズ......と言っても、約3.6メートルもある大きさの巨大モニュメントです。メカニックデザイナーのパイオニアとして活躍する大河原邦男さんが稲城市出身で、市が推進する「メカニックデザイナー大河原邦男プロジェクト」の一環として2016年に建てられました。ガンダム世代のパパはもちろん、お子さんでもテンションが上がる迫力です。

inagi-robotto-02.jpg

©サンライズ

駅の向かい側にある「いなぎペアパーク」には、ロボットアニメ『装甲騎兵ボトムズ』に登場するAT(アーマード・トルーパー)「ATM-09-ST スコープドッグ」も展示されています。こちらは実物大の全高約3.8メートル。稲城市の公式イメージキャラクター「稲城なしのすけ」も展示されているので、小さなお子さんもきっと喜んでくれます。JR南武線高架下にある「いなぎ発信基地ペアテラス」では、稲城の観光情報に関する資料や特産品、デザインマンホールグッズなどが手に入ります。施設内にはカフェスペースもあるので、ゆっくりとおさんぽプランを考えてみるのはいかがでしょうか。

face_papa1_positive.png

パパボイス
ロボットは夜になるとライトアップされているんだって!

face_mama1_positive.png

ママボイス
稲城市内には『ガンダム』や『マグナムエース』のデザインマンホールもあるんだって!

【INFORMATION】
稲城市観光協会
https://inagi-kanko.jp

10:45〜12:00 稲城北緑地公園〜あそぶ〜

inagi-park-03.JPG

稲城長沼駅から多摩川沿いに向かって15分ほど歩くと、稲城北緑地公園に到着です。多目的遊具広場には、トンネルのようなすべり台やターザンロープなど、お子さんが夢中になってひと遊びするのに、ちょうどよい広さ。

inagi-park-04.JPG

園内にある多摩梨(たまり)パークには、バスケットコートとスケートパーク(事前予約制)もあります。週末はたくさんの人で賑わいます。無料で開放されているバーベキューエリアも人気。駐車場からの距離が近いので、荷物の搬入がしやすく、多摩川沿いという見晴らしの良さが魅力です。5〜11月にバーベキューをする場合は、事前予約が必要になります。

inagi-sakura-05.JPG

face_papa1_positive.png

Recommend おすすめ